なにわのバレエダンサー 飯田慧

大阪出身のバレエダンサー。 アメリカ ワシントンで留学経験を積みアメリカのバレエ団に入団! そんな僕の些細なことから、苦悩や葛藤に至るまで不定期ではありますが綴らさせていただきます。

【拡散希望】

おはようございます。

三月末(23日)~六月中旬頃まで、VISAの更新の為日本に帰国することになったんですが、

帰国後、クラスを受けるところも予定も特に無いという状況なんですが
誰かそんな僕にクラス受けに来てもいいよー、っていう心優しい方はいらっしゃらないでしょうか?

後、単発でも
・パドドゥクラス
・クラス指導
・舞台お手伝い

とか出来たらな~とか思うので、お気軽に声をかけて頂けると幸いです。

男手の足りてない所とか、ちょっとパドドゥの相手になって欲しいみたいな方がいらっしゃったら、
お伝え頂けると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。





メールアドレス
kira.ballet.2017@gmail.comScreenshot_20170829-215926

『2017-2018シーズン』

おはようございます。
前回の記事を投稿したのがクルミ割り人形の頃だったと記憶してますので、かれこれ三ヶ月ぶりの近況報告となりますね…。

年が明けて三ヶ月。

だいたいこのくらいになると、年始めに立てた【今年の目標】みたいなものをすっかり辞めていたりするものですよね(笑)


ちなみに僕の今年の目標は、スバリ。

【来年から本気出す。】


なので、僕は有言実行できているのかな?ってかんじです(笑)




さて、長い前置きはこの辺にして
今回は、新年から今に至るまでの近況を綴らせていただけたらなと思います。


ちなみに、現在の状況をお話ししますと
お馴染みの通り、ツアー公演の為の移動中。
約六時間弱の車による移動時に書いているといった具合です。

なので、途中で眠たくなったり車酔いしたら雑な文章構成になってしまうだろうことを先に謝っておきます。




【Life Chance】
さて、新年始まってお話ししたいことは多々ありますが、今回は舞台に絞ってお話しさせて頂きます。

2018年一番最初の舞台は【Life Chance】と呼ばれる
確かチャリティーだったと思うのですが、
ボストンバレエ団やワシントンバレエ団など大きなバレエ団の、プリンシパルやソリストなど
今、世界の第一線で踊っている、まさに今の時代を作り上げているダンサー達が集結し、一つの舞台を作り上げていくGALA公演がありました。

勿論その中には、ワシントン時代ずっと憧れて続けていた先輩ダンサーの名前もあり、興奮と
そして、次は学生としてではなく同じプロとして共演することにかなり緊張していました。


しかし、舞台は何が起こるかわかりません。

それは公演が始まる前からです。


予定していたゲストダンサーの、急な怪我による出演キャンセル。
また、突然連絡が取れなくなることもあったりと、

主催者側も、当日誰か来て誰がこないかわからない。

そんな状況になっていました。



事実、公演前日とあるダンサーが怪我したために、急遽ソロのバリエーションをやることを芸術監督に直接言い渡され、

怪我をしてから一度も通してなかったバリエーションをなんとか一日で
今あるもので、代わりになりそうな衣装を見つけ出したり、振り付けに微調整を加え舞台に立ちました。


代役なんてのは、この世界たくさんある話ではあるのですが、僕自身そういった経験をしたことがなかったので前日は不安と緊張で足が震えました。

それも、僕はプリンシパル級のダンサーの代役だったこともあって、自分にその大役がつとまるのかといった悩みもあり、本当に気が気で無かったのを覚えています(笑)




この舞台で学んだことは、

学生時代、プロとして活動するためには安定した技術力が必要なんだと考えていたのですが、

それだけではなく、いざという時のアドリブ力、その場その場に対応できる力、
そして、突然何かを求められた時にそれに対処していく力。
常にいい状態にコンディションを保ち続け、自分を含め全体を把握し続ける必要があるんだなと思いました。


踊りというのは、自分だけの問題でなく案外周りの環境に左右されることが多いもので、
特に舞台では、今までなかった照明に目が焼かれたり、スモークが濃くて前が見えなかろうが、床が滑ろうが、
それらすべての事に、一つ一つ確実に対処して、自分なりに落とし込んでいく必要があるんだなと思わされました。

とはいえ、小道具がなかったり、しかるべき場所にしかるべき人がいないなど、どうしようもないことも多々あるんですけどね(笑)


そういう所もまた、舞台の面白さなのかもしれません。



【ドンキホーテ】

今シーズンの最後の舞台にして、クルミ割り人形と同じかそれ以上の規模で挑む舞台。

実はこのツアーもドンキホーテの公演のための移動だったりします。


ドンキホーテという作品は、世界観も独特で、キャラクターや小道具の多さなどもさることながら、シーン毎の表現の違いなどを要求される、バレエの中でも最上位の難しさを誇る作品となっていて
他の作品とは違い、的確にストーリーの流れを把握していなければならないという点において演じ手にとって厳しい部分も多い作品となっています。



僕自身は、以前日本で踊ったこともあるので、個人的にとても馴染み深い作品なのですが、場所が変われば求められることも変わるもので、

以前は良しとされていたものが、ここでは全然通用しないなんてことも多々あります。


特にドンキホーテの見ごたえの一つに、次々と出てくる特徴あるキャラクター達に、間髪入れぬ場面転換。
怒濤のように次々と新しい出来事が起こったりと、全く退屈しない展開が重なる訳です。

普段ボーッとしている僕とは正反対のような作品に、正直ついていけるか不安ではありますが、今シーズン残り僅か。
気合いいれていきたいとおもいます。
FB_IMG_1516973713127

FB_IMG_1516973718124
DSC_0538
IMG_8362
FB_IMG_1516973737360
FB_IMG_1516409550325
FB_IMG_1516234161404

↑このページのトップヘ